自分が以前に家族とボールペン字の練習をした結果について

私は小さい頃にボールペン字を練習した機会があります。そこでは学校の授業で書道があったので面白かったです。また私はあまり練習をしなくて怒られた経験があります。

実際には自分は字が上手くなかったので練習が必要でした。学校では他の人が上手い字を書いていて驚きました。特に友人は書道で褒められていて羨ましかったです。

私はその影響で真面目にボールペン字を練習するようになりました。学校では上手い人に賞が贈られるので欲しかったです。しかし自分は常に銀賞くらいが限界でした。

ある時に私は家族と一緒にボールペン字の練習をしました。家族は字が上手かったので参考になりました。そしてその練習を重ねて学校の賞を狙ったのです。

練習の際には家族から色々なアドバイスを貰いました。私はそれに従って字を書きました。やはり家族と一緒に練習をするとボールペン字も楽しくなりました。

子供はあまり字には詳しくないので練習すべきです。私はボールペン字の練習をした影響で字も普通になりました。字を書く時に綺麗だと特をすると感じます。

また私は家族からボールペン字を学んでそれが良い出来事になっています。やはり学校の賞では成功しなかったのですが、その時の記憶はまだ残っているので不思議です。今の自分は字を大事にして仕事をしています。

ペンを使うためには器用な手が必要だと思います。以前から私は器用な人間ではないと感じています。だから小さい頃に上手くボールペン字ができたのは家族の力です。

今の子供たちはこういった字を意識して勉強すると良いと思います。