大人になって思う、何だかんだで通っていて良かったボールペン字講座

ボールペン字講座には小学2年から中学3年まで通っていました。家から徒歩3秒という超近過ぎる距離に教室があったのもあり、先に姉が通っていたのでほぼ強制的にというか小学校の低学年でよく分からないまま自然な流れでいつの間にか通うようになっていた感じです。先生から出された課題をクリアすればいいスタイルの教室だったので、週に1・2回のペースで通っていました。

そのボールペン字講座にはボールペン字(硬筆)と筆(毛筆)の2つのコースがあってどちらか好きな方を選べたのですが、皆両方を選んでいたので自分もペンと筆の両方を習っていました。どちらかというとペン字の方が好きだったのですが、これもほぼ強制的にというか自然の流れででしたね。ペン字の方はシャープペンシルかボールペンだけの用意でいいので楽なんですが、毛筆の方は毛筆セットを用意したり持っていくのが面倒で、あと墨汁で服も汚れるし手も汚れるしで、学校で夏休みなどに出される課題や書初め課題をやるときと同じ面倒な気持ちと同じ感じでした。ほぼ強制的で習っていたので仕方なく習っていた記憶があります。

ペン字も毛筆も筆の持ち方から、字の書き順、筆の運び方など基礎はしっかりと習いました。大人になって思うのですが、けっこう書き順なども今も出来ているので、何だかんだで身についているのかなと思います。あと書類書きなどで何か字を書いているときに字を書いたときに「字が綺麗だね」なんて、ふとした時に言われると嬉しくなります。

通っていた当時はほぼ強制的だったので、通うの面倒だし道具の特に毛筆セットの用意も面倒だしで仕方なく通っていましたが、大人になった今思うとけっこう良いことが多いので何だかんだでボールペン字講座に通っていて良かったかなと思っています。